法律系の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)の中で、人気の資格について調べてみました。 ・司法試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです) ・司法書士 ・行政書士 この3つの法律系の資格が、とても人気があります。 まず、司法試験についてですが、司法試験は最も有名な国家試験ではないでしょうか。 司法試験に合格すると、裁判官や検察官、弁護士になることが出来るはずです。 以前はとても難易度が高い試験でしたが、新制度になった事で、若干合格しやすくなりました。 次に、司法書士についてです。 司法書士は、司法試験に次いで難しいといわれている資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)で、不動産の登記手続きを行ったり、裁判所や法務局、検察庁などに提出する書類を作成したりします。 司法書士の合格率は約3%と低いのですが、さいきんでは女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)に人気のある資格となるはずです。 最後に、行政書士についてなのですが、行政書士は司法試験や司法書士と同じ国家試験になります。 でも、この2つほど難易度が高い試験ではありません。 行政書士は、許可申請書類や会社設立なんかの書類作成が主な業務内容です。 行政書士には、行政書士でなければ作成できない書類がたくさんあります。 なので、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)はとてもやりがいのある仕事だと思いますー